将来のことを考えて行なう資産運用|初心者でも安心の投資

男の人

株式投資の情報の方法

財布

株式投資の有益な情報収集

株式投資では情報の収集が重要ですが、ドンキの株価予測にも当てはまります。ドンキの業績は外国人の消費が大きく影響すると言われるので、インバウンド情報が役立つとされています。株価は企業の業績を基本として決まります。けれども業績情報そのものを忠実に反映するわけではなく、今後の見通しを盛り込むことになります。つまり業績は変わらなくても、インバウンドが増えると予測されるような情報が出回ることで、思惑買いが増えることになり、その結果株価は上昇します。逆に為替相場の影響により外国人観光客が減ると考えられると、株価も下がります。ドンキは短期的にはインバウンド情報で利益を出すことが可能というわけです。他に有益な情報としては、チャート情報があります。チャートは相場に参加する投資家の心理を反映します。そこには心理的な節目となる高値や安値があります。細かな上下動を繰り返す中で、高値や安値を結ぶと上昇、あるいは下降の線が出現します。この線が株価の勢いを現すことになりますが、同時にそれを突き抜けることで反落や反転の転機とみなされます。チャートの線は視覚的に株価の勢いを把握できる便利なものです。さらにドンキの株価と日経平均株価との連動率を調べることで、買われ過ぎや売られ過ぎを知ることができます。平均株価を構成する銘柄は個々に独自の動きをしますが、平均との乖離率を調べることによって自動反発や反落の確率を調べられます。